オーディションの魅力

オーディションの魅力は、その人の個性を見せることができるという点です。他の人と違った感性や個性を持った人を見つけ出すことができます。

オーディション経験者の感想

赤ちゃんのオーディション

他の赤ちゃんそしてその親御さんの様子をみて参考にすることができ、オーディションに落ちても次に繋げることができました。

キッズオーディションに参加

子供がいつになく一生懸命に取り組んでおり、子供本人が楽しかったといっており、受けてよかったと思いました。

演劇のオーディションに参加

これまで生きてきた中で一番の悔しい経験をしましたし、忘れられない出来事でした。諦めずにまたオーディションを受けます。

声優オーディションに参加

声優に憧れて、オーディションに参加しましたが、勝ち抜くためにはプロとして、素人が考えた練習方法では難しいということがわかりました。

第二の人生としてオーディションに参加

社会人としての生活が一段落し、シニアオーディションに参加したことに誇りを感じることができました。

審査内容を調べよう

舞台

役者やタレントになるために芸能関係のオーディションを始めて受ける方は、どのような審査が行われるかドキドキしているかもしれません。しかし、そのオーディションが初めて開催されるのでない限り、どのような審査が行われるかリサーチすることは可能です。オーディション名をインターネットで検索すれば、審査内容をゲットできる可能性があるので試してみましょう。また、オーディションを開催する団体や芸能事務所の公式ウェブサイトに、歌の披露や自己PRなど、審査内容がハッキリと記載されているケースもあるので見逃してはいけません。どのようなことを行うのか分かれば、対策ができるので、しっかりと準備をした上で自身の全力を審査員にぶつけましょう。

書類審査があると考えよう

舞台

余程、小規模のオーディションでない限り、最初の足きりとして書類審査が用意されているケースがほとんどです。書類審査を受けるためには応募用紙が必要なので、まずは手に入れることから始めましょう。オーディションを行うところの公式ウェブサイトを見れば、しっかりと用意されている場合が多いため、プリンターを使えば印刷することができます。紙切れ一枚ですがとても重要なものなので、自身を最大限にアピールできるように記載しましょう。

対面での審査に挑もう

面接

一次審査である書類審査に通ったら、次は審査員の前で行われるオーディションに参加することになります。日時も会場も余裕を持って知らされるので、遅刻しないように訪れましょう。なお、すべての審査に合格できた場合、どのような道に進むことになるのかは参加したオーディション次第だといえます。映画のオーディションなら出演することになるでしょうし、芸能事務所のオーディションなら合格後はそこに所属することになるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3